乳頭温泉郷|大釜温泉はユニークな温泉

乳頭温泉

温泉 乳頭温泉小学校 大釜分校?

大釜温泉はと「妙乃湯」から「蟹場温泉」方面に向かって行く道路の
途中、右側の間に位置します。
写真の通り、学校そのまんまの温泉です。

お宿に入ってから温泉に向かいます。

あとで気がついたのですが、これ 足湯です!

大釜温泉

入浴料 510円
泉質 酸性含砒素ナトリウム塩化物硫酸塩泉
効能 真菌症(水虫)慢性膿皮症、リウマチ性疾患他
立寄り湯 9:00~16:30

おゆは濁り湯です。硫黄泉のような臭いがチョッピリします。
こちら内風呂です。

湯船の脇を通って、向こう側から露天風呂に行けます。

源泉は98℃と高いため加水しています
内湯は熱めですね・・・

窓の外をみるとわかるように
森の中に露天があります。
浴槽が2つあります。

片方は・・・たぶん小さめのほうだったかな?
ゆっくり浸かれる温度の温泉です。

左側に おなじみのケロリンおけがありますね。
乳頭温泉にいくとケロリンおけが定番なんですね!

この露天風呂で、愛知からいらっしゃったという
おじぃさんとお話をしました。

乳頭温泉は温泉の種類がいっぱいあって楽しめる。
今日はあと一軒、行くんだよ!
とても楽しそうでした!

その方、ご夫婦で旅行中とか・・・
秋田から青森に北上するとかで
青森の温泉情報の交換をしました!