娘が好きな温泉~北海道 川湯温泉(2)

川湯温泉

拍手 庭のクロッカスが咲きました!

職場を離れてもうすぐ1年が過ぎます。
春になると「毎年 家ノに庭にクロッカスが咲く・・
そんなこと 知りませんでした。

通常のお仕事をしていると
そんな日常に気がつかなかったんですね!

さて、先日25日。私の娘の誕生日。
今日は娘の好きな温泉を・・・・
以前、このブログで
川湯温泉をご紹介したときに
⇒ 川湯温泉
こんな画像があったかも・・・。
kawayu2.jpg
川湯温泉は
娘の「お気に入り温泉」の
第2位です。

お湯を飲んだ特に
「すっぱ~~~い」
といってはしゃいだんですねぇ~~w

【川湯温泉の特徴】
湯質は低張性酸性高温泉・酸性明ばん緑ばん泉で、医学的にみても
大変貴重な日本でも数少ない温泉。
有名なところでは草津温泉がそうですね。
なるほど確かに似ている。
摩周湖から流れ出した地下水脈が、
硫黄山の硫気現象により100度超まで熱せられ、
その熱水が2~30mの浅い地層に沿って流れ下り、
川湯で60度超の状態で自然湧出する仕組み?。
そのため元々この地はセセクベツ(アイヌ語で熱い川の意味)と
呼ばれており、それが転じて川湯温泉と名付けられたらしい・・のである。

水脈よりも温泉の泉脈が地上に近いため
地面を掘ると
先に温泉が出てくるらしいですね!

さて、前述の
硫黄山 Youtubeでもシェアしますね!
iou.jpg
チョットした音が
リアルですよ!

川湯駅の足湯は川湯温泉とは違う泉質。

川湯の温泉街は「硫黄泉、酸性明礬泉」で独特の臭いがするんです。
でも、川湯駅の足湯は・・そんな臭いがしなかったような・・で、調べてみると

中性ナトリウム-炭酸水素塩泉でした。

アツかった~!