蔦温泉|足元からお湯がわき出る温泉

蔦温泉

温泉 足元から お湯がぽこぽこわき出る「蔦温泉」
青森県にはたくさんイイ温泉があります。
八甲田山周辺には有名な酸ヶ湯温泉をはじめ、
様々なお湯がわき出ています。

今回は大町桂月が愛した「蔦温泉」をご紹介します。
蔦温泉は 青森方面から八甲田経由で十和田湖に向かう
国道103号線の山の中にあります。

青森市からであれば車で 約1時間半
十和田市方面からであれば40分くらいでしょうか・・
十和田市から向かうと 蔦温泉の案内

蔦温泉はここですよ~という看板

蔦温泉旅館の玄関

冬は雪囲いをしています。
年中利用できます。
大夫まではありますが蔦温泉旅館に、宿泊したときは
料理が沢山出て、美味しかったと記憶しています。

今は、お湯に浸かることが目的で、日帰り入浴を楽しんでいます。
蔦温泉は1174年に発見された由緒ある温泉。

改築を繰り返し、現在は本館を改築していて
1015年の4月頃までかかるとのことです。

お風呂場は2つ
久安の湯~受付をしてすぐの所にあるお湯。
湯船の床の隙間からお湯がわき出ています。

泉響の湯


こちら、もともとは源泉で、こんなにキレイでは無かったのですが
改築改装で、キレイになりました。

私は こちらのお湯に浸かりに来ることが多いですね。


コチラも、床の間からお湯がぽこぽことわき出てきます。
気泡が下から出てくるのが面白いですよ!

この温泉は「熱い」んですが、お客さんからの要望で
上手にお湯の温度を変えているようです。
そちらの案内がこれ↓

一番奥が熱め、手前が少しぬるめ
でも熱いかも!?

是非おいで下さい。
とってもいいです。
お湯だけではなく、蔦沼の散歩もオススメですよ